世界に通じる教育

アルファベットと机のミニチュア

個性を伸ばす事ができる

芸能人の子供なども通い最近よく耳にするインターナショナルスクールは、元々は日本に在住する外国籍の子供の教育のための学校です。しかし、最近では価値観の多様化などを背景に日本人の親も子供をインターナショナルスクールに入れる事を考える場合が多くなりました。日本の学校では身につかない英語力や、小さい時から様々な人種のクラスメート達と過ごすことによって身につける視野の広さは、子供の将来に良い影響をもたらすと考える人が多くなっているのです。インターナショナルスクールの特徴としてまず思い浮かぶのは、英語での授業が行なわれているということです。欧米のカリキュラムでの学習になりますので、授業は日本の学校のような講義と暗記中心のものではなくディスカッションなど、生徒が意見などを発言し作り上げていく授業が中心となっています。それによって、人の前でも物怖じせずに自分の意見を言う事ができる子供になっていきます。もちろん、一日中英語環境の中で過ごすことになりますので、英語が身につきます。海外の大学へ進学させたいなどという方には最適な学校ですし、その後の就職などでも世界で通用する価値観と語学力は必ず評価されることでしょう。また、日本の学校は生徒が協調し、同一であることが基本となり、強い個性などは排除されやすい傾向にあります。一方で、インターナショナルスクールでは一人ひとり違う意見を持って個性があるという事を受け入れてもらえる良さがあるのです。