幼児の英語教育が熱い

勉強

通うにはいくら必要か

日本も国際社会化していることで、英語力が求められる社会となっていますが、そんな国際化しているなかで保護者から今一気に人気が上がっているのが、所謂インターナショナルスクールの幼稚園である「プリスクール」です。小さい頃から英語教室に通っている子供はいました。しかし、プリスクールに通っている時間も英語に触れることで、より英語に慣れ親しむことが出来るというメリットもあります。そのため、教育に力を入れる家庭の多い富裕層を中心に、今注目度が高まっています。ですが、やはり英語に対応することの出来るスタッフのいる幼稚園というのは費用がかかるので、一般の幼稚園・保育園よりは費用が割高です。国内にある、認可されているプリスクールの保育料は年間100万円以上のところが多いと言えます。私立の保育園と比べても高めの値段なので、通う際はしっかり考えて入園するようにしましょう。近年ではこのように英語教育への注目度が高いことから、新設のプリスクールや、英語しか使わない学童保育も増えています。前者と比べるとこれらは料金が割安になっているので、海外へ留学したり、インターナショナルスクールに入学することを考えていないのであればこのようなスクールもオススメです。英語を使った学童保育は小学生まで対応してくれるところも多いので、小学校へあがってから英語が抜けないか心配な子でも英語に触れることの出来る環境に身を置きやすく、忙しいお父さんお母さんのサポートもしてくれます。